研究発表(秦益人刻書石の旅)

Photo
●P150号の油絵作品を前に研究発表

*

*

秦益人刻書石試論 (発表要旨)


「秦益人刻書石」と呼ばれる奈良中期の
石製品が存在する。


石は、「周防国椹野川流域の古代地域史や
初期荘園の経営の実態を解明できる 県内最古の貴重な石文資料」として、
平成25(2013)年に山口市の有形文化財に指定される。                                                 

1963、4年頃、現山口市小郡上郷(仁保津)より出土した石は、                      将棋の駒のような圭首状を呈し、上部に穿孔を持つ。                                                   

高さ23㎝、幅15.9㎝、厚さ約3㎝、重さ2.7㎏。                                         表面に「飾磨郡因達郷秦益人石」と古代播磨国の郡郷名と
人名が刻されている―。

出土地の仁保津は、古代周防国吉敷郡にあたる。                                                       付近一帯は、天平年間成立の東大寺領椹野荘の推定域。                                            当時、仁保津は、椹野川河口の海津として機能し、
長登銅山で産出した銅などの積出港としても想定されている。                                                                          
 
吉川真司氏によって〈竿秤のおもり〉と用途の判明した石は、
米や銅などの運賃を決めるための「播磨国を本拠とする海運業者の
持ち物だったのではあるまいか」と推察された。

                              *                   

報告者は、2004年より「ハリマ風土記」と称し、
各地の「風土(風景)」を描く油絵画家である。
その営みの過程において本刻書石との邂逅を果たし
今日に至る。         


本発表では、刻書石を、播磨国飾磨郡と周防国吉敷郡両地域の
「風土(風景)」を〈橋渡す石(石文資料)〉と位置づけ概観。

さらに刻書石を見晴らすための〈借景(絵画史料)〉として、
本年4月2日、山口市陶の春日神社にて半世紀ぶりに
造替奉納された大絵馬《鋳銭司古図》を提示する。
 

ひとつの〝絵解き〟を試みたい。 

*

*

Photo_2
●≪秦益人刻書石≫色鉛筆、紙 2011

*

**

●日時 2017年6月18日()

●会場 山口県立山口図書館レクチャールーム(山口市後河原150-1)

開会10:00   
研究発表10:10~12:10/13:10~14:40
                                                                       (
*針間は10:10~10:35に登壇します。 )



主催 山口県地方史学会

http://www.ysflh.jp/taikai/index.html

*

*

*

(2017/06/24)

*

*

*

紅蜀葵2017

●≪紅蜀葵≫色鉛筆、紙 ** * * (2017/07/26) * * *

» 続きを読む

«研究発表(秦益人刻書石の旅)