« 鶏頭宣言 | トップページ | 無伴奏コスモス »

「須恵器」発掘

Photo_2

《日本陶磁全集 4  須恵器 中央公論社 ― 昭和52年発刊

*

          *  *  *

先日、久し振りに “M古書店”を覗く。

いちばん目立たない場所に置かれた

一冊の本のタイトルに目が留まる。

『須恵器』・・・・・・。

                             *

ちょつとした「発掘」をした気分に。

700円也 。

            *

 すえき 【須恵器・陶器】 

 古墳時代後期から奈良・平安時代に行われた、

 大陸系技術による素焼きの土器。

 良質粘土で大量生産し、登窯(のぼりがま)を使い

 高温の還元焔で焼くため薄墨色を呈するのが一般。

 主として食器・祭器として使用。

 祝部(いわいべ)土器。     (*『広辞苑 第3版』 岩波書店より)  

                                                       

(2010/10/18)

« 鶏頭宣言 | トップページ | 無伴奏コスモス »