« 「絵が上手になりたいです」 | トップページ | 「青い船」 »

「ハリマ風土記」とは

Set●≪SET ISLAND SEA≫

*

旅の始めに

*

「ハリマ風土記(ふどき)」とは、                                            画家・ 針間文彦(はりま・ふみひこ)の“絵空事”。                                    荒唐無稽な「芸術風土記」のことである。

     *    *    *

『風土記』とは本来、古代の各風土(地域)における                          地名の由来や、古老による伝承などを                                     つぶさに書き記した『地誌』を指す。
*

「ハリマ」の指し示す風土(地域)とは、                                        現在の兵庫県南西部、播州・播磨を旅の起点に                                     西日本・瀬戸内一帯に及ぶ。

・・・・・パトリ(原郷)。

***

「ハリマ風土記」とは、                                                 現地現場主義を貫くひとりの画家の、                                             四角い「旅の記憶」でもあるのだ。

**

本懐の旅である―。

*

画家はいま、いくつもの「ハリマ」を夢想する。

*                     針間文彦 

 

000000                                          ●≪「シンフォニア岩国」展にて/2012年≫

*

*

(2012/02/03)

まま

まの

« 「絵が上手になりたいです」 | トップページ | 「青い船」 »